産業機械用無線操縦装置-朝日音響株式会社

地方パートナー店募集中

↑メールはこちらへ

業者頭越し直販は
有り得ません。

TOP > 会社紹介 > 波乱の社史 > 第3章 終戦へ 25.チンピラも夜逃げする?恐怖の朝日音響

波乱の社史
第3章 終戦へ
25 チンピラも夜逃げする?恐怖の朝日音響

パンフレット画像2自動車電話よりも優れた機能を有する自動車偽電話「パルスホン」なる物の製品開発を、依頼するのに、ユーザーと、ローン会社をだまして架空ローンを多数組み組ませ、その金を集めて我が社へ開発資金の前金として支払っていたM氏は尻に火がついて、「早く製品を作れ」っと、我が社へ連日押しかけてきていたが、それでも埒が明かない・・・・

 

そうする内に、「そうやって、筆者と交渉すればするほど、製品開発の完成は遠のく・・・」という筆者の説得に納得してしまい???我が社に入金しない先を、M氏が「入金せよ」っと脅す事までしてくれる始末?迄も進行?した。

M氏が納得しなければならなかったのは、「筆者と交渉すればするほど、開発が遅延するのは、筆者自身が、その開発作業の最重要担当者だからだ」っと言う事実だった。

 

他にも、入金すべきを理不尽に入金しない大手を脅してくれた?のは「その入金先と交渉する役目も又、筆者が主役なのを理解した」からだった。そういう入金すべきが入金しなければ筆者は更に別の金策に忙しくなって、製品開発作業への従事がモットモット先送りされてしまうと言う論理展開に理解を示してくれたのだった。物わかり好い!!

 

・・・・しかし。これではどうにもならない程、無理で遠い話だって事にも気づいて来る。1社全部を、当分食わせるほどの金策をしておいてから、私をはじめとした製品開発要員数名に、短期間で絶対100パーセント成功して貰わないとイケナイ状態となっているのだ。彼は打開策として遂に脅しという手段に出た。実は、脅しに対してだって、対抗していたら、その時間だけ遅れる。現に、筆者が対峙したのだった。

 

わが社って、当時 筆者一人しかいないのか?そんな事はない。役員だって他に2-3人常勤していた。中には専務も、工場長も常勤していた。・・・っが何もしたがらないのだ。

 

専務は、総務担当なので、新入社員の一般常識教育くらいは担当して当然だろう。これに言及するのは、「玄関口・事務所へ来客が来た場合どう応対するか?なんと返事するか?」「電話がかかったら、先ず、どう応対するのか?」そのくらいは総務で教育して当然という事を言いたいからだ。・・・なのに、電話も来客も、皆全部が全部、社長(筆者)に取り次ぐ!何も、!一言も?相手から聞かないうちに先ず社長に取り次ぐのだ。「社長の仕事を出来るだけ忙しくして、会社で本来・一番重要な仕事を邪魔してやろう」っとでも言う伝統なのか?。電話なんか代わって出てみたら相手は「あのー**の家の者ですが**は、出してもらえませんか?」って言う時さえ有りそうな始末だ。自分の家から自分に掛かってきた私用電話さえ、先ず社長に繋いでみる。

なんだこれは!

掛かってくる私用電話を禁じていた等という事は無い!・・・馬鹿なだけだ・・・その証拠に「来客だ」と言うので呼ばれて行くと、単に前の道路を通る人が近所の道を聞いていただけだったりする。そうすると私は当時の工場事務所付近の道を知らないので、又誰かを呼ぶだけだったりする。すると、出てくるのは・・・最初に私を呼んだ人物だったりもする程、馬鹿だ!

 

こうした内部事情まで解ったのか?M氏は、遂に専門の?脅し職を 寄越した。

その専門の脅し職?・・・って、つまりは暴力団の構成員・町のチンピラだ。ヤクザではないと解る。駄目な奴で、筋が通ってない。まあ、その定義は好い・・・・略そう。

このチンピラが来て言うには「御前が製品を早く作ってくれぬ事には、儂も夜逃げしないとイケナイ」

ここで筆者はクスリとと・・・いや、ニヤリとだったかな?笑ってしまった。それを見たチンピラは、応接用の小さな机を投げ倒し、立ち上がって怒り出した。

筆者は、ニヤリだクスリでなく、正式に笑い出した。だって、製品が出来ないと困るM氏ならまだしも、彼に金で雇われて、単に脅しに来ているだけのチンピラがなぜ夜逃げする必要まで起きるんか??話がアワ無いったら有りゃあしない。爆笑事だ!・・・・

 

その、ひっくり返った机の前で立ち上がっている時、まだ立ち上がって、2-3秒も経たない内に、玄関口ドアノブを、彼の後方でいきなり回す感触がして、「コンニチワァァァー」っと、おどけた声!ドア間口を見れば、腰ベルトの鎖を、わざとじゃらじゃら言わせて、警棒やら手錠をまさぐっている、この地区の駐在さんが立っている!・・・・

挿絵:根性の灰皿

もう一度、おどけた声で「コヌニチャウヮ~」

するとチンピラは「アッ!警察を呼んだか。恐ろしゅう無いぞ。儂は何も悪い事をしてないぞう」っと口走った。

すかさず、駐在さんが返す。「呼ばれてなんか居れへん。遊びに来ただけじゃ。ここは社長も専務も、ずーっと前から友達じゃあ。儂の弟2人も、父親も、ずっと前からの知り合いよ!処で『恐ろしい無い悪い事してない』って、何で?何か悪い事でもしようって言うんで?」

 

チンピラ君大汗、滝汗・・・「こっちは製品が出きんと、夜逃げをしないと済まぬっと言うのに、笑っておるのじゃ」っと、再解説・・・無駄無駄、再爆笑の元・・・・でした。

 

> 26 手形裁判 > 目次

波乱の社史 一括ダウンロード

PDF形式 (約2.8MB) >>