産業機械用無線操縦装置-朝日音響株式会社

地方パートナー店募集中

↑メールはこちらへ

業者頭越し直販は
有り得ません。

TOP > 会社紹介 > 波乱の社史 > 第3章 終戦へ 23.先行ローン発覚

波乱の社史
第3章 終戦へ
23 先行ローン発覚

どうやって距離を、確保するか。まず原因を調査して、対策を立てねばならない。

「1ケ月位掛かろうか」と返事すると「それでは意味が無い。一週間でやって貰わんと、困る。」素直に それを聞いて、一週間 闇雲に作業したが、芳しくない。

パンフレット画像1同力で 同じ仕事を又 強いられるだけだから解決しない。余計に解決しない。

千円するオモチャは百円では買えない。それを百円玉1枚だけ握りしめて、毎日毎日何度も買いに行っても、絶対に買えないのと同じだ。

「では あと3日。」の繰り返しで、1月以上が過ぎた。しかし、ジャンクの山ばかりで成果は無い。急がば回れ。

 

その内に、どうした事かM氏はアンテナ工事を始めた。出資者の[気]を持たせる為だと言う。出資者が居たのか。道理で、金を持ってる風には見え無かった。

しかし この相手は、出資者では無い。別の方法で資金を調達していた。だから この後、奴(M氏)が もっと困る。

 

パンフレット画像2その内 今度は、カラ-印刷の[パルスホン]なるカタログが出てくる。我社のカタログ等、問題にならない。素晴らしい出来だ。

 

何かおかしい。素晴らし過ぎる。発売元、[日本パルス株式会社]。…それが詐欺なのだ!ううっ!まだ警察が動きたがらない程度の[詐欺]だ。

 

やるしか無い。M氏は まだかまだかと、夜中まで会社で居座る。「いても立っても居られない。」という気は我々には解らない。鬱陶しいだけだ。

 

その間、彼に色々と電話が掛かる。手形を割り引いてくれ、との依頼もある。(ヤラセ!・・・実はハッタリの偽電話!)

夜中に酒を飲んで現れ、紹介者の特許事務所所長を呼べと、凄んだり なだめたりで、厭になってくる。

そうこうしている内にM氏の尻に、火が付いた。 M氏はハッタリの塊だった。

 

カタログを持ってユ-ザ-を回ったM氏は、ユ-ザ-にロ-ンを先行して組ませ、そのロ-ン会社からの資金を我社に支払っていたのだ。これは、最近 高知の船舶業者がやった手と同じだ!進んでた?

物が遅れるとユ-ザ-が騒ぐ。ユ-ザ-の中には凄む人も多かった。

 

パンフレット画像3この商品は[自動車電話のサ-ビスエリアが整わない田舎]に於いて、事務所と車の間を、無線で結び電話応対出来る。その上、車を離れてもポケットベルで、呼べる物だ。

 

今は こういった違法商品が、雑誌の広告にも有るが、本機の全機能を完備している訳では無い。商品力抜群だ。購入契約者は 土建屋さんが多い。

生産が遅れて物が届いていないのに、ロ-ンがスタ-トし 銀行引き落としが開始すれば、凄んで当然だ。

 

パンフレット画像4M氏は メ-カ-が悪い様に、言い逃れる。しかしM氏への凄みだけで、当社へは購入契約者の圧力は来ない。

なぜならカタログ上の発売元は、[日本パルス株式会社]であって、当社とは書いてない。無論M氏個人でもM氏の会社でもない。自業自得。「その会社は どこにあるんだ。」と、迫られるM氏。口が裂けても「地元の[朝日音響]がメーカーだ。」とは 言えないM氏。当時、我社とて、未だ名は通っていない。ベンチャーブームは未だだ。

東京の[ある大手メ-カ-]だと・・・。しかし メーカーを明かさないと、詐欺と疑われる。

真実を明かすと それ自体が 詐欺(しかし警察の判断では、詐欺にならない)と、ばれるジレンマ!。

支払い精算書画像その内、ロ-ンが本当に稼働し始め、契約者はロ-ン会社に対して、対抗処置を取る。(払わない)

奴がロ-ン会社に どう言ったのか知らないが、当社もグルの様に思われていた様だ。こっちも、そこまで知るものか!・・・・・

 

M氏は 我社へ払った600万円の何倍かの資金を、その様にして引き出しただけで無く、「有力な新商品だ」と吹聴して、何人もの[金持ち]からも資金を集めていた様だった。建築や土木の経営者が多かったが 医師や 議員まで居たらしい。

 

> 24 逆襲ハッタリ君 > 目次

波乱の社史 一括ダウンロード

PDF形式 (約2.8MB) >>