産業機械用無線操縦装置-朝日音響株式会社

地方パートナー店募集中

↑メールはこちらへ

業者頭越し直販は
有り得ません。

TOP > 社長室:起業救世軍 > 当社への投資に興味をお持ちの方へ

なんでも作ろう事業化します社長室

当社への投資に興味を お持ちの方へ

当社は株式市場に公開こそ、していませんが「株式公開会社」に分類されるらしいです。それは設立時の経緯や以後の増資時の事情により、保たれてきた物です。

 

普通は運転資金という物は金融機関で借り入れるものですが、諸妨害により不可能であった為、その運転資金調達に増資を行っていたのが、初期の頃です。

これを打破すべく、普通は どうなのか?知ろうとして金融機関の経営相談所に相談し、その様な業務担当の人物を紹介して貰いました。処が、その人物は却って酷くなることばかり(次々に前の人を糾弾する・追い払う)を起こし失脚。個人的欲望で、参加していたのでした。それが、バレチャッタのね! それでも本業は徐々に隆盛化しました。

 

次にはベンチャービジネスと言う事実が明らかになるに連れ、上場を予測してか? 株を欲しがる人々が多数現れ、その方達の御希望を叶える為に「親切」と言う事の一方で増資致しました。

しかし この時には、持ち株比率等のバランスを崩さない為に、既存株主たる取締役達も、増資に応じなければ成らず、資金調達の苦労を伴い、銀行ローンで支払いました。

 

以上のような経験より、当社では株式による資金調達には、何の価値が有るとも考えておりません。

今や株式発行による資金調達の必要は全く無く、親切で株式を持たせてあげるような義理の有る相手からの申し込みも無く、新株発行余地は皆無です。欲しい方は既存株主に対し 譲渡の個別条件交渉を行い、今後「自然形成される相場額」で自由取引下さい。

しかし、毎年配当率を連続確保できている昨今、既存株主からは「何百万円単位で買い増し したい」 と言う希望が寄せられて居ります。他の方も同じ事で、応じた気配も無い事情から、売る人は居ないでしょう。そこで、最初に述べましたように自由取引頂く事になります。

そうして当社株を競って入手したところで、今後の当社株の値動きは、此処までの話で お解りの通りに過ぎません。配当だけの為に相場が上下する程に、なりましょうか?

 

大儲けを狙うなら、むしろ今後当社で新規に行われるであろう、全く違った事業での新会社設立に 参加なされることでしょう。そのために応募なされる方なら、受付致します。御希望を伺っておきましょう。登録された方には新規事業や新会社の株主公募案内を優先的に差し上げます。