産業機械用無線操縦装置-朝日音響株式会社

地方パートナー店募集中

↑メールはこちらへ

業者頭越し直販は
有り得ません。

TOP > 社長室 > 当社の製品開発

なんでも作ろう事業化します社長室

当社の製品開発

当WEBサイト上に当社概要については掲載されていますが、商品として成功させてきた物づくりの上での創意工夫、商売上での困難の経験などを、改めまして 当社の商品企画・開発・設計思想について御紹介致します。

※文書内のボタンを押すことで、詳細説明ページへ移動します。

世界初マイカー用、エンジン始動リモコン 【スタンバイ】

スタンバイ(左:送信機/右:受信機) (販売終了)

今で言うISDN、ADSL、UWLの技術を、その技術名称さえ広まっていなかった1977年当時、FM電波上で「ワイドスペクトル変調」と独自に称して実装し、画期的な対混信性能を実現しました。この技術は後日、産業用無線操縦への業種転換をも可能にしました。

当時の逸話…波乱の社史より ワイドスペクトル変調について 非デジタルで充分な訳

業種転換後の当社製品第1号 産業用無線操縦装置 【サテレータ10】

サテレータ10 (モデルチェンジを重ねた製品が現行機種として販売中)

民生機器用部品を初めて採用するなどで、従来の業界価格の1/3を実現した製品。音響メーカーらしく(?)音声多重をキャッチフレーズに、操作信号の送信だけでなく音声も送信できるため、受信機側には拡声器も付いていました。

世界初のハンディタイプ、産業用無線操縦装置 【ケーブレス6】

ケーブレス6(モデルチェンジを重ねた製品が現行機種として販売中)

大手クレーンメーカーの意見に左右されて一度は中止した意匠を復活させたハンディタイプとしては世界初となる無線操縦装置で、当社での製造・販売台数が一気に3倍になりました。(写真は送信機)

当時の「世界初」逸話 当時の業界状況

火薬庫警報装置 【PP-ウォッチマン】

PPウォッチマン (モデルチェンジした製品「発破番」を販売中)

他社従来品の誤報の多さに困って「誤報の少ない製品を」と当社へ開発委託され製品化しました。クレーンの無線操縦で混信に強い実績の有る技術を応用しました。

当時の逸話 (波乱の社史より)

受信機用の電源線配線工事を不要にした 【ゼロ線電源受信機】

おんぶ(日立)

有線リモコンのスイッチは接点だけなので、無線リモコンに取替える場合、受信機用の電源の線が無くて困ります。そこで、リモコンを取り付ける機器のスイッチに流れる電気を、受信機用の電源にちゃっかり流用してしまおう・・・というアイデアから生まれた商品です。

ゼロ線電源の解説

一本指ローマ字入力用キーボード 【楽鍵-24】

楽鍵-24 (販売終了)

パソコンのキーボードに不慣れな方にも簡単に操作できるよう「あいうえお」を基準とした操作方法を新たに考案し、実装しています。

「誰でも最初から速く打てるキーボード」を、無線操縦装置マイコンプログラム技術の応用製品として開発しました。

携帯電話を使った遠隔監視・制御システム 【KK-1000】

KK-1000(販売終了)

携帯電話機を使った遠隔制御、監視・通報システムで、無線操縦装置のマイコンプログラム技術を応用して開発しました。

アイデア商品 【2人さん客】

2人さん客

1枚のコンパネから切り出したジグソーパズルの様な5種類のパーツを組み立てるだけで完成、釘などは一切使用しないアイデア商品。

当社無線操縦装置の板金シャーシーの設計思想の応用製品です。

既成品がなかったので自社設計…システム作業机 【電作】

2人さん客 2人さん客 2人さん客

電気関係の作業は、奥に測定器を置いて手元で作業する為、机の奥行きが90センチ必要ですが 市販していませんでした。そこで、社内設計による物を全社的に使っています。

同じ設計で材質をステンレスに換え、浮き桟橋に化けた物も・・・

従来の常識に囚われない/お金を掛けずに自社で工夫する 設計思想

一筋縄ではいかない、独創意工夫構造の歴史

設計思想シリーズ (当社社報での解説記事 抜粋)

段段物語(自社設計二段押しスイッチ開発物語)

 

困難突破経験の数々

波乱の社史クレーム情報