産業機械用無線操縦装置-朝日音響株式会社

地方パートナー店募集中

↑メールはこちらへ

業者頭越し直販は
有り得ません。

TOP > 月刊エイ・オー > 以前の社報(抜粋) > ラジオコントロール【1】
TOP > AO技術講習集    
ラジオ・コントロール【1】
JA5ORM 1991, 04
  RCとは、Radio  Controler(無線操縦装置)の事であり、当社の”ケーブレス”
”サテレータ”の様なものを指します。
 この様な無線操縦装置は、ホビーでは”ラジオコントロール・ヘリコプター”とか、
科学では”惑星探査機”など、色々な物に 利用されています。

 有線無くして なぜ、遠く離れた所にある装置の操作が出来るのか?  
それは、情報を持った電波が目的の装置に伝わるからですが、どの様にして伝わるのか?
人間同士なら、
        (1)言葉すなわち音波による伝達 
        (2)光による伝達 
        (3)テレパシ-による伝達?
と方法は幾つかあります。

 (3)は さておき(1)の音波は、空気の密度が周期的に疎と密になって伝わる事に
よって伝搬するので、その媒体と なるのは分子であります。
空気中では空気分子、液体中では液体分子、固体では固体分子が音の振動を伝えます。
従って、分子の無い真空中では 音波は伝わりません。
 ちなみに、その伝搬速度は分子の種類及び温度によって異なるので 一概には
言えませんが、空気中では 約340〔m/s〕、液体中では約1000~2000〔m/s〕、
固体中では 約2000以上〔m/s〕。

 (2)の光は電磁波の一種でありますから、ここではRCで使われる電波(電磁波)
について述べる事にします。
 電磁波を定義的に述べると、『電磁波とは、時間と共に変化する電界と磁界が互いに
絡み合い、且つ助け合って伝搬する波動であって、真空中では横波の形式をとり、
その速度は秒速約30万キロメートルである。』

 電界を右足、磁界を左足と考えると、水の上を渡る方法の笑い話に、
「右足が沈む前に左足を出し、左足が沈む前に右足を出す。この動作を素早く行えば
簡単さ。」と言うのがありましたが、この情景を連想したのは私だけでしょうか・・・。

社報抜粋目次へ
朝日音響スタートページへ