産業機械用無線操縦装置-朝日音響株式会社

地方パートナー店募集中

↑メールはこちらへ

業者頭越し直販は
有り得ません。

TOP > AO技術講習集 > <用語解説>ボンクラ,赤外線/遠赤外線,ゲルマニウム

<用語解説>

ボンクラ, 赤外線/遠赤外線, ゲルマニウム  (2011年6月)

JA5CLB 河野繁美

今回は誤用語じゃなく、用語でして、まともな用語の方が多いですから、
シッカリ御読み下さいまし・・・いつも、解説の方は、まともです。

しかしながら、用語例に挙がったタイトルの単語の方が誤用されているだけなのです。

これは、何時もの事でしたっけ?

 

【ボンクラ】

ナマクラって言葉が、刀剣に対して存在します。駄目な刀の事です。

そして、焼き鈍しって言葉が金属の処理に関して存在します。

この鈍しって言葉の漢字が鈍いって文字を使っている事から、
ナマクラって言葉が、切れ味の鈍い駄目な刀剣だってイメージに直結して、
*クラっと言うイメージも出来る物で、此処にあげるボンクラも、
似た様なイメージになってしまい、坊ちゃんの、馬鹿みたいな感じを持っていました。

 

天才バカボンって漫画がありましたね。

あのバカボンとボンクラが、ダブっていませんか?
それが、全然違うんです。

それを知ったのは、最近、角界で起きた事件の報道からです。
八百長じゃない方の・・・/先に起きた事件の、野球賭博の方です。

ソウ、賭博の方で、賭博の開帳側としての役目に、
盆*とか*盆とか言う言葉がニュースにハッキリと出てきたのだそうです。

筆者は、好く聞いていませんでしたが、この事は、雑誌上に解説されていました。

 

この報道された盆*とか*盆とか言う立場の賭博開帳者側関係担当者が、
駄目な人物であった場合に、盆*とか*盆の「作業手順に暗い状態だ」・・・ っと
言う事で「盆暗」っと、呼ばれる様になったのだそうです。

ですから、「家の坊っちゃん」とか、「寺の坊主」がボーッとしていて、
馬鹿みたいに、暗い状態なのじゃあ在りません!

 

ここで本来の賭博の話をしておきましょう。

皆さんが映画やテレビドラマでよく見掛ける場面は
「好ーゴザンスか?」の掛け声の下、壷振りが賽子を2つ壷の中に入れて、
振り回した後、パッと床に伏せます。

その後、賽の目が奇数か?偶数か?に掛けるのですが、
これを「丁か?半か?」の掛け声で、どちらかに掛けさせて行くのです。

 

この時、丁に掛ける金額と半に掛ける金額とを、
丁半ほぼ同数にしないと、イケナイ・・・・・掛けになりません。

・・・・これを一瞬のうちに判断して、同数掛けさせてゆくのが、この役目なのです。

盆を持って、渡世人達の間を回り、
「丁半もう御座いませんか?、好ーゴザンスか?」っと
促して回るのです。この光景もよく見掛けるでしょう。

促されて掛け金に相当する木札を積み上げる渡世人達・・・
この、促し方の下手な奴をボンクラ(盆暗)と言うのでした。

木札(掛け金)を集めて回るのが、盆の上だったのでしょうね。

そういえば、葬式での、お焼香が、盆に載って回ってくるのに似てる!・・・・笑

 

処で、刀剣の為に一言申し開きを・・・

時代劇ドラマでの斬り合いシーンでは、好く、刀同士がブツカリ合って
チャリーンという音を立てて折れてしまう場面が有ります。

あの場合、折れてしまう刀のほうが、先ほど(上に)出てきた言葉に言う
「ナマクラ」でして、実は名刀の方は、折れずに、曲がってしまうのだそうです。

ナマクラと言う言葉に焼き鈍しの漢字の鈍いという言葉を想像して、
鈍く(柔らかく)曲がりそうに思うのは間違いです。

 

名刀というのは鋼の柔らかい部分と堅い部分で包む構造にした複合状態で、
強度を出している高度な物でして、決して折れない様に出来ているのです。

名刀は折れずに曲がるのだそうです。

そこで、戦場では、武士が先祖伝来の名刀を自分で叩いて真っ直ぐ尚したり、
しわを伸ばしたり、不器用な武士には、刀職人が来て、
金を貰って直してやるという、笑える様な事が起きていたのだそうです。

戦場近くに市も立ち、遊女屋も出来ますよね。

 

そういえば筆者が小学校低学年時・・・戦場ではないが、
近くに米軍機が不時着して見に行った。

2回目に言った時には、もう市が立って、フーテンの寅さんみたいな人が、
お箸やら、玩具やら売ってた。

・・・・・予期せず、小遣い銭が不足して困った!!!汗

 

【赤外線/遠赤外線】

これらは、皆さんが思っている程身近には豊富に存在しては居ません。
人工的に造られて存在している確実な物の例を挙げてみましょう。

赤外線リモコン装置として、テレビ、エアコンのリモコンが
赤外線をリモコン信号として送っている事に間違い有りません。
赤外線警報装置として、お客さんが店に来たのを検知して
ピンポーンという音を出す装置:・・・あれも赤外線を出して、
その有無や、ちらつきを関知しています。

他には??・ほとんど無いのです。赤外線や遠赤外線による暖房や治療装置・・・
あのたぐいの物は、殆ど、赤外線も遠赤外線も出ていません。

「ほんの僅かになら、出ている事」を、ことさら大きく宣伝して、
営業上成功している物なのです。

電気製品として、電気(電力)を使って、
赤外線を出して(出そうとして)居る者は、未だ好いです。

僅かですが、確かに出ています。

が、それも、殆どは、赤外線よりも赤線が出ているのです。
皆さんの目には赤く見えているでしょう。

あの文字を「せきがいせん」じゃ無くて、「あかタトせん」っとカタカナ交じりに
解釈するのでしょうか?爆笑・・・・

 

不動産詐欺をテーマにしたギャグコントで、
「駅から10分の住宅地」というのを、「10分」じゃなくて、「じゅうぶん」と読むので
「充分な程疲れる遠い距離だ」っと、ごまかすのが有りました。
それと同じでしょうか? 

 

金属や、セラミックを、使って、それが遠赤外線を出す・・・・っと言う物に至っては、
出す量が殆どゼロに等しい物です。

かろうじて、跳ね返すか?蓄積しておくか?・・・しか あり得ない物です。

セラミックがニューセラミックだとて、それを腰ベルトやブレスレットにして、
それから放射する遠赤外線で腰や手首が、健康になるなんて物は、
単に着物で保温しているのも同じ事です。

それ自体からは絶対に、遠赤外線など出ません。

自分の身体から出た熱を貯めていて、それが暖かく感じられるだけです。

 

もしも、何らかの物を放射するならば、それは、放射性物質か?
ソウでなければ、外部からエネルギーを供給しなければ、成立し得ないのです。

外部からエネルギーを供給しなくても
遠赤外線や赤外線を出せる放射性物質とは?・・・

それは核物質ですよ!非核3原則の、アレ!

ウラニウム、プルトニウム、ラジウム。

核兵器や原子力発電に使うアレ!ですよ!。

それしか無い!!! 宇宙中探しても、間違いない!

 

もう一つ、外部からエネルギーを供給する方法ならば・・・、

そりゃあ石炭を焚いても、電気を使っても好いですよ。

そういう製品は、以前から有ります!!!売ってます。

 

【ゲルマニウム】

・・・これは半導体の名前であって、上記に例示した核物質(核分裂物質)じゃあ
有りません。

だから、自らエネルギーを出せません。

ゲルマニウムは我々アマチュア無線家にも電機メーカーにも馴染み深い
ゲルマニウムダイオードの原料に過ぎません。

これに電気を流したとて電波さえ出ません。

 

そんな物を、ただ単に、置いているだけのブレスレットやペンダントが、
何か健康に寄与するという様な触れ込みで売られていますが、
このような作用など、あり得ない事です。

 

ゲルマニウムに、何か作用が期待できるなら、
同じ半導体材料のシリコンは、どうでしょう?

吉野川の河原へ行けば、幾らでも転がっている白い石・・・アレは殆どがシリコンです。

だから、吉野川の河原で寝ていれば健康そのもの!!!

糖尿病の治療や、マラソンなど、勧誘するまでもなく、
吉野河原シリコン昼寝ツアーとか誘致しましょう・・・・爆笑!

 

もう一つ他の半導体元素をあげてみましょうか?・・・

ガリウムヒ素っと言うのが、発光ダイオードに使われています。

青色に使われているのか?どうかは知りません。

この中のヒ素っと言うのは、典型的な毒薬です。

その毒薬で・・・・「半導体原料だから・・・」っと健康には、どーですかねー???

 

或る異業種交流の場で、「色々な物を原料にして、健康茶を造ってみよう」っという
話が持ち上がりました。

そこで、先ずは、皆と同じ様に植物系から、候補をあげます。

そのうちに「本県だからこそ」っと、「藍を使ってみたい」っとの声が上がりました。

着想は決して悪くないと思うのです。

そういう中、誰かが、net検索か?当時の事だから百科事典なのか?
植物図鑑なのか?藍について調べてきて、読み上げました。
「ダデ科の植物で、発ガン性物質を含み・・・・・」

一同唖然!・・・

そういえば、藍染の着物には虫が付かずに江戸時代から残っているし、
野良着に藍染の物を着て行けば害虫や蛇よけになると言う話でした。

これで、健康茶案は終りになってしまいました。こういう事も有るのです。

****ウムっと言う名前が、皆放射性物質で、
何かの効能がありそうだというのも、似た様な運命かも知れません。