産業機械用無線操縦装置-朝日音響株式会社

地方パートナー店募集中

↑メールはこちらへ

業者頭越し直販は
有り得ません。

TOP > AO技術講習集 > 神々の解析・解説・分析・分類学

神々の解析・解説・分析・分類学

 

何と! 複数宗教の死後世界観が、

八木アンテナ理論や、天文学の重力レンズ理論に一致?

 

JA5CLB 悪振る徒・俺ンシュタイン (わるぶると・わいんしゅたいん)

またの名を 合雑句・入疎 (あいざっく・にゅうとん

第1章.宗教の数と分類

日本では八百万の神という言葉がありまして、神様という物の数が800も有ると言う事です。

しかし海外では、一神教というのもあり、自分たちの信じる神様ただ一つ、それ以外は有り得ない
・・・・っと言う主義の説というか?宗教というか?信者の人たちも複数組(派閥)居ます。

実は海外では、その「自分たちの物以外には、無いのだ!」っと言う事で、

何世紀も揉めて揉めて、血を流してきているのです。

それに比べれば、日本の「800も有る」という論説は???何と穏やかなのでしょうか?

言い換えれば、「いい加減な物なのかも」知れません。

「嘘のサンパチ」って言葉が有りますね。3とか8とかの数字が付く話は大抵が嘘だという事ですので
800も、8の付く話の内で、嘘だろうって物です。

筆者の生家での、「800年前に、一族皆で伊予からこの地へ移住してきた。」って伝説も、
そんなものだと思っていました。

尤も、それを聞かされた時点から、もう60年経過してしまって、
今では「850年前に移住してきた」事になってしまいました。

50年で信憑性が上がりました!?!

そうですとも、筆者が、その裏付けとなる、歴史事実を、いくつも探し出しましたからね!

まあ、それにしても多い八百・・・この嘘かと言うほど多い800も、日本に、居るのは何故でしょう。

これほど多い日本だからこそ、それを分類分析して、何なのか?に迫ってみるのには
都合が好いという物でしょう。

 

分類学・・・と言えば、その対象が違うのですが、先代の昭和天皇陛下:裕仁親王陛下が、
海岸の水際生物の分類学を専門にしておられ生物学博士号を持っておられました。

この分類学という学問方式というのは、「或る暇な時に、やたら滅法ドンドン収集しておいて」
後から又「別の暇な時に、ジックリと、分類区分作業をして行けばよい」っと言う状態の
学問方式で「暇さ加減が、陛下の日常に、ちょうど宜しいのだ」・・・なんて批評を聞きました???

筆者の暇さ加減も似て来ているのでしょうか??・・・畏れ多い事です。汗