産業機械用無線操縦装置-朝日音響株式会社

地方パートナー店募集中

↑メールはこちらへ

業者頭越し直販は
有り得ません。

TOP > AO技術講習集 > 産業用ラジオコントロール導入に当たっての
注意点 (無線化のポイント)
> 【コラム】
初期自社2段押しスイッチ
← 戻る
 

a.レバー操作の優位性

b.多段押しボタンスイッチの歴史解説

 

【2段押しスイッチ解説シリーズ】

c. 初期自社2段押しスイッチ

2009年7月

JA5CLB 河野繁美


 

こうして、自社製2段押しボタンスイッチを、社内「組立」した。

しかし、このスイッチには、最初から矛盾する要求が課されていた。

それを説明しよう。

 

先ず、元々の1段押しスイッチ状態の基盤の上へ、リン青銅版のフレーム
(上に重ねるスイッチで、後からオンするスイッチの位置を保持する役目と、
その電気回路配線を兼ねる物)と、2段目に重ねるスイッチ自体の合体した物を
追加する構想と、したい。

故に必ず、後から追加されるスイッチが高速側スイッチという役割で
なければならない。よって、この出来上がったスイッチを徐々に押して行くと、
最初にオンするのは、最初から基板上に存在するスイッチでなければならない。

(先に押される方が後から「入」にならないとイケナイっていう矛盾です。)

すると、その最初から存在するスイッチのオンする押し力は追加するスイッチよりも
必ず、弱くなければ、イケナイ。その必ず弱いスイッチを選択し、交換する必要性が
生じる上に、その上、更に、追加側スイッチも、必ず強くする為に押し力の強い物を
新規選択する必要性が出たのだった。

従来の常用品としての使用品よりも、強い物と弱い物を、ワザワザ選んで、
組み合わせを造り、交換する事で、「2段押し」というイージーオーダーの受注に
応じるのだった。

この、新規採用の(過去に余り実績が無い)スイッチを、いきなり採用して、
出荷を始めた物で、このスイッチの寿命による劣化で、徐々に、否、次々に
不具合を生じるのは、先のスイッチメーカー製・特注2段押しスイッチと比べても
50歩100歩の厭な結果でしか無かった。

 

しかしながら、それを言ってると、今度は、2段押しに限らず、
本来の1段押し状態での使い方に於いても、同じ様に寿命での問題は
ドンドン生じて来るのだった。

 

この頃、スイッチの押し力やクリック感を言わなければ、遙かに寿命の長い
互換製品が現れていたので、そういう製品に、全スイッチを転換した。

同じ頃、その、長寿命スイッチばかり2つを上下に重ねても、必ず、どちらかが
先にオンする様な構造に出来ないか?っと言う事も配慮した形での、
位置保持用リン青銅版構造(形状)に変更を試みた。

この形状のリン青銅板を今「スタックベース」と呼んでいる。
重ねる為の基部・・・と言う意味だ。

 

リン青銅版での初代の構想には、特に欠点はなかった。

それが第2世代に生かされて(今のスタックベースと呼ばれる部品となって)
今度は長寿命で問題なく市場で使っている。

それは、生産前に寿命テストを実行したからである。

初代での問題発生は、スイッチメーカーのスペックを信じただけであったから
の事なのだ。スペック通りなら、それまでの1段押しの物と同じ寿命のはずで
ノントラブルでないとオカシイ物だった。

 

現在では、コレが成功して、全機種に採用・適用されつつある。

又、市場の既存機主製品に於いても、新機種の一部基板と組み合わせる事によって、
この長寿命スイッチに交換してしまう事が可能だ。

 

「幾ら製品が古いからと言っても、新品にゴッソリ買い換えてしまわなければ
済まない」訳ではないのが、我が社の製品の特長です。

「巨人軍は永遠です」・・・と言った監督の人気の様に!・・・・笑

・・・【ナガ】く保守【シマ】す。出来ます。

その保守性、互換性によって、か?、実は論理順序が逆なのか?

後継新機種だって、ズット継続し、お客様に対して
【モウ新製品も有りません】なんて事が無いのです。

 

 

【コラム】

d.押しボタンスイッチの寿命

e.仕様(がない)書

段々物語 (自社設計2段押しスイッチ開発物語)

 
産業用ラジオコントロールの導入に当たっての注意点 トップページへ
講演集 トップページへ
朝日音響スタートページへ