→ヨットindexではなく、このホームページ全体のサーバーindexへ戻ります。
                            本業で商売商売!
→ヨットindexへ戻ります。



艇名;巡洋(初代)の由来と 歴史
 海洋青年団的な組織と クストーの様な海洋調査船を目指して、 ヨットにはヤマハ9に1時間しか載った事の無い私が 設計して 浮かせた艇です。          原図場  《*洋》、今でも海上保安庁の調査船・測量船が この様な名です。 そして同じ名が絶対出そうもない《巡洋》になりました。  皆 巡洋艦のイメージを抱きますが、日本語に直すとクルージング。 今 発行して居る月刊誌は《くるうず》  海洋調査は先ず海洋性レジャーの調査から???    自設計のシングルチャイン鋼船で全長12,0m幅4,0m19,46総トン モーターセーラーとして 60馬力の自動車用ディーゼル機関を載せました。  昭和47年進水、当時 四国でも最大のプレジャーボートでは  なかったでしょうか。 森繁久弥氏が持て余し 熱海の後楽苑に据えた冨士山丸は 60トンくらいの鋼船で 巡洋より ずっと大きいのですが、艤装品などは  ヨット用でなく 一般船用を使っており 巡洋と共通の様です。    この事は 嫉妬深いヨットマン達に逆恨みされる事となり、その後遺症が 20余年後の今も続きます。    当時クラブへ入会の挨拶に行くと「初心者ですが」初対面の者に 「オウッ 初心者の不届き者メ!」と言った雰囲気で 「鉄板は何ミリだ」 「3,2が中心です」「そーんなペラペラが モノになるか!」 「造船所の監督が決めた厚さです」「ナニー! おう それなら今から  どーんなペラペラか 見に行かんかい!」  現場で「うーーーん厚い、丈夫ジャ」「3,2です」    続いてクラブ報には名指しで「航路妨害をして保安部に怒られた」と 載ります。  クラブ報を持って保安部へ抗議に行きました。「えっ!我々が貴方を 怒った? だったら貴方が抗議に来られます?」「その通りですねえ」 「保安部は こんな事 言わん、と伝えて下さい」  その談話を持って、記事訂正を口頭で求めても 文書で求めても 返事をせず 無視。  似た様な事件も有ったが、一隻だけ航路妨害を しなかったのが巡洋! 「した」のと「しない」の区別も付かないのが 地元ヨットマンの頂点だった人                             ↓  又 ある日 行事が有って保安部前を歩いていると、クラブの会長が 私を指さして「あー下手じゃ下手じゃ」(発言通り正確に表記)  指の先方には私が居て、その向こうは保安部のテントの中で 階級章ベタ金の御偉方が ギッシリ座っている。  巡洋のクルー(地方公務員)は怒ってしまって「あんな奴のロープは 海に放り込んだら良かった」  そう 何故歩いていたかと言うと、彼が岸に投げたロープを結んで上げる 為だったのです。    謝ってくれるどころか 20年経った頃にも、某クラブ員が 「あの事件は御前の誤解だから 誤解を元に中傷している御前は 謝れ」 「何を どう誤解なの?」「そんな事 俺が知るか?」 「知らん者が そんなに云えるの?」「**さんが居合わせて知っとる」 果たして**さんに聞くと 「そーーんな事 全然知らんよ。そんな場に居合わせる訳がない」 論争に勝つ為の 出任せでした。  そう迄して 出る杭を、押さえたい? ヨット根性!

 かくして 私はヨットを愛しながら、この様なヨットマンやヨットクラブという 存在を憎む。
そういう卑劣な者と交わらないヨット人口の 普及に努める。 戦う艇《巡洋》

→ヨットindexではなく、このホームページ全体のサーバーindexへ戻ります。
                            本業で商売商売!

→ヨットindexへ戻ります。